「外国人介護士と仕事ができる楽しみ」

Vol. 012平成27年10月

■職種:
ケアワーカー
■勤続年数:
1年

重度身体障害者の訪問介護ヘルパーとして三年半働く中で、「施設の仕事とはどのようなものだろうか」「高齢者介護とは?」「認知症介護とは?」と様々なことに興味がわき、特養への転職を考えるようになりました。介護職に携わる上で、認知症ケアや看取り介護の知識と経験は将来必ず必要になると感じたからです。数ある施設の中でケアポート板橋を選んだ理由は、特養、SS、デイ、グループホーム、居宅、包括括などを持つ多機能施設である」ということ、「母体が医療法人である」ということそして「外国人介護士の受け入れに積極的である」ことでした。外国人に日本語を教えた経験がある私にとって、外国人介護士の皆さんがいらっしゃる環境にいられることも、大きな魅力の一つです。これからきっと介護現場で貴重な人材になる彼らと、いち早く共に働けるという経験は非常に貴重であり、刺激もやりがいも感じています。この施設で働いて学んだことや刺激を受けたことを、これからどのように施設に、何よりもご利用者の皆様におかえしすることができるのか、しっかりと考えて業務に取り組んでいきたいと思っています。

「健育会グループで働いて感じた仕事のやりがい」へ戻る

採用のご案内

  • 看護師の募集
  • 介護職の募集
  • 栄養課の募集
  • ヘルパーの募集
  • 事務局の募集
  • 採用応募フォーム
  • 健育会とは
  • 採用ムービー
  • 健育会で働いて感じた仕事のやりがい

ボランティアのご案内

  • ボランティアの募集